WIMAXは使用場所で2.4GHzと5GHzの周波数を切り替えると、快適な通信を楽しめます

WIMAXの使用場所
近年ではインターネットの普及により、ドラマや映画などの映像作品をスマホなどの通信機器で見ることが人気となっています。ネットで映像作品を見る場合に重要なのが、通信速度と通信の安定性ですね。

WIMAXを使用している場合、場所によって周波数を切り替えることで、より快適な通信環境にできることをご存じですか?、

WIMAXのルーターを使用してPCやスマホを無線通信でネットにつなぐ場合、Wi-Fi通信で繋ぎますね。WIMAXのWi-Fiには「2.4GHz」と「5GHz」の2種類の周波数があり、それぞれ異なる特徴を持っているのです。

この2種の周波数の特徴を把握し、場所によって周波数を切り替えるのが、WIMAXを上手く使うポイントです。

まず2.4GHzのメリットは、壁などの電波を遮る障害物があっても、電波が障害物を回り込んで飛んでくれることです。このため2.4GHzでは、広い範囲へ電波を届けることが可能になります。

デメリットは2.4GHzはとても多くの製品で使用されているため、電波同士で干渉してしまい接続が不安定になりやすいことです。

次に5GHzのメリットは、ほぼWi-Fi回線でしか使用されていないため、他の機器の電波と干渉しにくいことです。

更に通信の速度も、2.4GHzよりも早いことも大きな特徴です。デメリットは、5GHzは壁などの障害物を通過したり回り込んだりができないところです。このため5GHzは、電波が届く範囲が短いことになります。

また5GHzの電波は、屋外での使用が基本的に禁止されています。WIMAXルーターの5GHzには、「屋内モード」と「屋外モード」が搭載されています。WIMAXルーターを外で使う場合は、忘れずに「屋外モード」に切り替えましょう。

このような特徴を考えると、WIMAXルーターと同じ部屋でネットを使う場合は、5GHzを使用するのがおススメです。5GHzの高速通信により、高画質動画を快適に楽しむことができるようになります。

逆に一戸建ての別の階などでネットを使う場合は、5GHzだと電波が届かず不安定になることもあります。このような環境では、2.4GHzにするとよいでしょう。

2つの周波数の切り替えは、WIMAXルーターの設定画面で行えます。

自分がどこでネットを使いたいのかを考えて、使用環境に合った周波数に切り替えると、快適にネットを使えるようになりますよ。